【画像付き】イギリスでの口座開設方法

留学
こまち
こまち

イギリスに留学するんだけど、銀行口座ってどうやって開くの?

そんな留学の疑問に、実際にロイズ銀行の口座を開設したばかりの私がお答えします!

   

どんな人が銀行口座開設できるの?

1年程度留学する予定の方は問題なく銀行開設ができます。半年程度の留学なら、現地で口座を開くより、日本でプリペイドカードやデビットカードを用意して行く方が手間が省けて便利です☺

イギリスの五大銀行

以下の5つがイギリスの主要銀行です。

HSBC
Lloyds Banking Group
Barclays
NatWest
Royal Bank of Scotland

これら5つの銀行は学生専用口座(Student Account)を持っています。口座維持費が無料になるなど学生ならではの特権がついてきます😊また、HSBCやLloyds、Barclaysでは留学生向けのInternational Accountもあります!
上記とは別に私が留学しているシェフィールド大学にはSantanderが学内にあります。学内で銀行開設ができるなんてびっくりしました😲また、大手スーパーTESCOが運営する銀行などもあります。カードには海外では主流となっているデビットカード、そしてクレジットカードもまとめてついてくるのですごく便利です!

それぞれの特徴は以下の通りです。

こちらが大学で見つけた銀行の案内になります。学内にあるSantanderが毎月維持費£1かかるという(笑)

引用: https://www.savethestudent.org/international-students/top-international-bank-accounts-uk.html

こちらは留学生向けに銀行情報をまとめた記事になります。海外送金を考えている方はこちらを参考にするのが良いと思います◎受け取りの際にかかる手数料が銀行によって異なるので、少しでも安いところにしたい!という方はぜひご確認ください😄

ロイズ銀行開設手順

ここからは私が開設したロイズ銀行について話を進めていきます。ロイズに限らず、手順としてはどこも似ているのでぜひ参考にしてください♪

必要書類

  • 大学からのBank Letter
  • パスポートまたはBRPカード


この2点のみで大丈夫でした!大学のBank Letterにはイギリスの住所の他に日本の住所も記載されているので、留学生であると言うことを簡単に証明できます。
ロイズは必要書類が少ないことでも有名です。他の銀行だと追加で書類が必要になる場合があるので、なるべく早く銀行開設したい人はロイズがオススメです😃
ロイズ銀行のHPはこちらから

                  

解説までの流れ

通常はオンラインで予約をしてから、銀行に行きます。写真とともに口座開設を説明します💪

Account選択

こちらのClassic Accountが留学生でも開設できる講座になります。12ヶ月以上イギリスに滞在することと書かれていますが、10ヶ月の留学期間の私でも開設できました👍 18歳以上であること、イギリスに滞在する権利があることが必須条件です。

他にも4つの口座から選べますが、口座維持費無料はClassicだけです。

個人情報入力

個人情報を入力していきます。国籍を日本にするとTaxpayer Identification Number (TIN、納税者番号→マイナンバーカードの番号)を入力する必要があります。

住所入力

住所情報を入力します。イギリスの住所とイギリスに来る前の日本の住所の2つが必要です。日本の住所を入力する際は、すべて手入力になります💦またPost Codeがうまく表示されない場合、空欄にしても問題ありません!

連絡先入力

受け取る情報を選択

銀行からの情報を得る方法を選択します。Internet Bankingだけ選択しておくと、アプリやWEB上で自分に合った情報を受け取ることができ、便利です😊

収入・費用の情報入力

収入については0でもいけます。私の場合は海外送金のために口座が必要で、収入がない予定でしたが、事情を説明したら大丈夫でした◎また、授業料・寮費は日本の口座から引かれるから、ロイズ銀行は生活費に主に利用します!と伝えれば、少額の利用予定でも開設できます。

口座開設に同意します

身分証明

身分証明をします。留学生は銀行に行き、パスポートやBRPカードで身分証明することが必要です。オンラインで予約をしてから、銀行に行きます。

銀行では、身分確認をされ、先ほど述べた口座の利用目的の補足をします。割とすぐに終わりますが、私は部屋に通され、会話内容を録音されたので、“IELTSの面接かよっ!笑”という緊張感がありました😂1週間程度でイギリスの住所に郵送してもらえます。

   

銀行で口座開設することも可能!!!

私は銀行で開設しました。というもの、留学生向けの口座を見つけられず、間違って作るのも怖かったからです😭銀行で開設する場合も上記で説明したのと同じ手順で行われます。

  

Student Accountとの違いは?

このStudent Accountは正規生向けの口座になります。3年はイギリスにいることが条件となっています。

   

ロイズ銀行にした理由

私がロイズ銀行を選んだ理由は3つあります。

最寄りのロイズ銀行の営業時間が長いこと、口座維持費がかからないこと、提出書類が少ないことです。


授業との兼ね合いもあったので、営業時間が長い方銀行に行きやすい、口座を持っているだけで維持費取られるなんて無理!、書類集めるのも大変だから少ない方がいい!!

これらの理想に当てはまったのがロイズ銀行でした。

あとカードがかっこいい✨️笑

口座を作った段階でお金を入れる必要もなかったので、手持ちが少ない私にとってはすごく助かりました。

他の銀行と比べてもかっこいい!と一目惚れしたのもロイズ銀行を選んだ大きな理由です😄

まとめ

イギリスでのロイズ銀行口座開設についてまとめました。

1年程度の留学であれば、問題なく開設ができ、デビットカード・クレジットカードまでまとめてついてくるという便利さがあります😊

申請もオンライン上でできるので、時間があるときにどこでもできるのがいいですよね♪

ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました