経団連グローバル人材育成スカラーシップ

奨学金
留学したい人
留学したい人

留学の費用ってどうやってまかなってるの?

そんな疑問にお答えします!

本日は経団連グローバル人材育成スカラーシップをご紹介します。

     

経団連グローバル人材育成スカラーシップって?

簡単に説明すると、留学のために200万円の給付型奨学金いただけます。

募集要項の重要点を下記にまとめます。
何が必要か知っているよ🙆という方は読み飛ばしていただいてかまいません。

      

応募資格

応募にはいくつかの条件があります。2020年度募集要項PDF版はコチラから

  1. 応募時に財団の指定する日本の大学(下記参照)に在籍している学部2~4年生である、または大学院博士前期課程(修士課程)1、2年生であること
  2. 日本国籍を有する、または日本への永住が許可されていること
  3. 留学期間が8ヶ月以上1年未満であること。ただし、理工系専攻者は6ヶ月以上1年未満の留学期間でも応募が可能。
  4. 留学中も日本の大学・大学院に籍を置くこと
  5. 大学入学後のGPAが2.0以上であること
  6. 留学にあたり、他の留学奨学金を受給しないこと(併願は可能。JASSOの貸与型奨学金との併用は可能)
2020年度対象大学一覧

      

奨学金申請の流れ

奨学金の申請は7月~9月にかけて行われます。

第一次選考

書類選考で記入する内容は以下の通りです。

  • 留学希望先大学
  • GPA
  • 学生生活の中で、学業以外で力を入れて取り組んだこと。その取り組みの中から得たこと、思ったこと。500字以内 (スポーツ、芸術、委員会、クラブ、コミュニティ活動、ボランティアなど)
  • 留学中に成し遂げたいこと、習得したいこと。500字以内

書類選考の合否は10月中旬以降にメールにて通知が来ます!

合格者は定められた期日までに、願書、生成表、推薦状、英語検定試験(TOEFL or IELTS)の成績証明書の写しを財団に郵送します📩

第二次選考

個人面接です!大手町の経団連会館で行います。

非通知設定の電話から連絡が来るので、非通知を着信拒否にしている場合は事前に解除しておきましょう。

面接官は企業に勤めていらっしゃる方だと思います。

1週間ほどで面接結果がメールにて通知されます。

晴れて面接も合格🌸された方は、以下の書類を提出して、最終合格という形になります。

  • 誓約書
  • 奨学金振り込みのための銀行口座情報
  • 留学先の入学許可書(こちらは手に入ってからの提出で大丈夫です)
  • 次年度の在籍証明書(こちらも後ほど提出で大丈夫です)

        

ここからはどうやって私が合格したかを述べていきます💪

書類選考の注意点は?

私が奨学金応募において、重要だと考えるポイントは3つあります。

  • 自分を見せる
  • 数字や名称を入れて具体的に書く
  • これまでの自分~留学~将来の自分の一貫性を持つ

↑詳しくは【留学奨学金】合格法🌸の記事をご覧ください!

    

経団連の書類について詳しくご紹介!

最初の質問では、学業以外に力を入れて取り組んだこと、そこから得たこと、思ったことを500字以内でまとめます。

考えて欲しいのは、会長・部長を務めた人、インターン活動をした人などはたくさんいると言うことです。
だから「バレー部の部長として部活をまとめ、リーダーとして支えることの大切さを学びました」と書くのは薄いです😰
(というより、私自身がこの内容の申し込みならいくらでもあるよ!と大学の奨学金担当の方からご指摘を受けました、、、)

私の場合であれば、どのように部をまとめたのか(How)、なぜ支えることが大切だと感じたのか(Why)を掘り下げていきました。

部長・会長を務めた、インターンをしたというのは単なる事実なので、そこから自分が何を得たか、どう考えるようになったのか開示していきましょう!

    

続いて、留学で成し遂げたいことを500字以内でまとめます。

この経団連の奨学金の支給意図としては留学中に見聞を広め、多様な経験を積むこととなっています。
ですので、学業以外に成し遂げたいこと(=留学のテーマ)を持っておくと良いと思います🌍

私はスポーツをテーマにしていて、実際に自分がスポーツチームに所属しながらどのような経済効果をもたらしているか、学びたいと書きました。

     

面接について

服装については“私服でお越しください”という連絡があります。

男女ともにオフィスカジュアルを意識した服装で臨んで大丈夫です。

女性であれば、襟付きのトップスに、カーディガン、スカートorパンツ(ここはお好きな方で!)、足下はフラットなパンプス。男性であれば、ノーネクタイにジャケットで十分です。

数名スーツで来ている学生もいましたが、服装が私服と指定されているので、スーツでなくて大丈夫だと思います。

流れ

受付~面接待ち~面接

   

面接待ち

静かな雰囲気です。どう受け答えをするかなどを考えながら耐えていました。

   

面接

面接官は3人で女性2人、男性1人でした。時間は15分程度です。実は面接日に誕生日だったので、そこから会話がスタートしました🍰まずは、自分の専攻、なぜ留学に行くのかを1~2分程度で話をし、そこから話を広げて質問されるという感じです。

経団連の場合、書類に基づき留学中、将来のことを重点的に聞かれました。

「なんで日本じゃできないの?」「どうして留学で学びたいの?」「将来はどのようにスポーツと関わって働きたいの?」などなど…

また、経団連は日系企業の集まりであるので、将来日系企業の発展にどう貢献できるかがみられています。

   

倍率は?

2019年度の倍率は約10倍となっています。

応募者300人→書類合格者90人→最終合格者30人だそうです。

   

合格後の支援は?

留学前には、事前交流イベントがあります。合格者で集まり、奨学金を受給する目的等を確認しながら、交流会😄というカジュアルな感じでした。

また、留学から帰国後、就活の支援も受けれます。
7月に東京で行われる経団連グローバルキャリアミーティングへの優遇があります!

    

まとめ

経団連グローバル人材育成スカラーシップの攻略法をまとめてみました。

書類選考では、あなたを知ってもらうこと、面接ではなぜ留学するのか、将来どのように日系企業の発展に貢献するかを伝えましょう!!

何か、質問等ございましたら、コメントまたはお問い合わせください🙇

コメント

タイトルとURLをコピーしました