【イギリス留学】お金のはなし

留学
イギリス留学をする人
イギリス留学をする人

通貨とお金の使い方を知りたい!
大金を持ち歩くのは怖いけど、どの支払い方法がメジャーなの?

留学するなら絶対に知らないと行けないのが、現地通貨について。

今回は、イギリスの通貨とメジャーな支払い方法をご紹介します😊

         

イギリス通貨の単位

イギリス通貨には2つの単位があります。

ポンド(£) と 補助通貨のペンス(p)です。

1ポンド=100ペンスで、1ポンド未満の場合に50pと表示されます。

ちなみに発音ですが、ポンドはパウンド(pound)、ペンスはペンス(pence)またはピー(p)となります。
最初のころ、「ポンド」と日本語発音で話していましたが、全く通じませんでした😂
ぜひ発音まで覚えておきましょう!笑

       

為替レートはいくらくらい?

white printed poster

レートは130円台後半から140円台になっています。

EU正式離脱により、どう影響するかびくびくしてます(T_T)
円安が進まないことを祈るのみです。

   

通貨一覧

4つの紙幣と8つの硬貨があります。
画像付きでご紹介していきますね😄

50ポンド紙幣

2011年に発行されました。
50ポンド紙幣ですが、街で見かけることはあまりありません😲
ショッピングモール等であれば問題なく使用できますが、町の小さなお店だとおつりを用意していない可能性があります。
両替時に、50ポンド紙幣ではなく、20ポンド・10ポンド紙幣でもらうと良いかもしれません。

Back of fifty pound note

20ポンド紙幣

2007年に発行されました。
4つある紙幣の中では最も古いことになります。

Front of twenty pound note
Back of twenty pound note

2020年2月に新しい紙幣が発行されるので、2020年中に使用不可になる可能性が高いです。
銀行で交換してくれるので、もし古い紙幣を持ち続けている場合は、銀行に行き新しい紙幣に替えてもらいましょう🙆

新20ポンド紙幣(2020年2月~)

Polymer £20 note specimen front
Polymer £20 note specimen back

20ポンド紙幣ですが、この度新しくなります!
2020年2月に発行されるとのことなので、筆者も留学中にお目にかかれます✨️

新紙幣はポリマー製で、ホログラムが採用され(1枚目左下。見る角度によってTwenty/Poundが浮かび上がる)、左上に点字もついています。また、偽造されないように高度な印刷技術も使われています。

新しい20ポンド紙幣の特徴は、Bank of England公式サイト(Explore our polymer £20 note)に記載されています。

10ポンド紙幣

2017年に発行された、新しい紙幣です。

Front of ten pound note
Back of ten pound note

5ポンド紙幣

2016年に発行されました。

Front of five pound note
Back of five pound note

硬貨一覧

画像引用:Bank of England公式サイトより

覚えるのに苦労したのが、硬貨たちです💦
全然覚えられなくて、iPhoneのロック画面に設定しています。笑

50ペンスの裏側のイラストは数種類あるので、そろえるのも面白いと思います😄

          

メジャーな支払い方法

「contactless payment」の画像検索結果

ここまで紙幣、通貨を紹介してきましたが、時代はキャッシュレス。
留学する人であれば、デビットカードを持っておきたいです。

タッチするだけで決済が完了、口座から即引き落とされるので現金感覚で使えます。

現地で銀行口座を開設すると、カードにデビット機能が付帯しています。
日本でデビットカードを作って利用することも可能ですが、手数料がかかるので、現地で口座開設するのがオススメです!

口座開設はこちらで詳しく紹介しています。

    

クレジットカードも基本的にどこでも使えます。
ただ、お店によっては”クレジットカード利用は〇ポンド以上から”と定められているところもあるので注意が必要です。

まとめ

イギリスの通貨とメジャーな支払い方法をまとめました。

これから留学する方のお役に立てれば嬉しいです(^-^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました