【画像付き】イギリスビザ申請を徹底解説!

留学
こまち
こまち

イギリスのビザってどうなってるの?!泣

そんなお悩みを解決します!

今回は、イギリス留学時に必要なのTier4のビザ申請についてご紹介します!

ビザとは?

ビザ(査証)とは、その人物のもつパスポートが有効であり、国への入国・出国を許可できるという公印のことです。

引用:タビサポ

観光などの短期滞在の場合、日本のパスポートを持っていれば約180カ国に事前にビザ申請することなく入国できます!!
これは世界でもトップの数です😲

イギリスに限って言うと、6ヶ月未満の旅行であれば、ビザは必要ありません。

    

種類はどれくらい?

イギリスには6つのビザの種類があります。
労働ビザ、ビジネスビザ、ファミリービザ、学生ビザ、ビジタービザ、スポンサーライセンス
という風に区分されています。

(引用:http://www.ivavisa.com/service)

ここからは学生ビザをメインに、その申請方法、必要書類などについてお話ししていきます!

  

学生ビザとは?

留学等でイギリスの高等教育機関で学ぶ際に、学生ビザを申請します。
6ヶ月以上の留学の場合は、Tier4、
6ヶ月未満の留学の場合は、Short-term Study Visa
を申請することになります。

2つの違いは以下の通りです。

Tier 4Short-term Study Visa
費用 ※1£328 (約43,000円)
+保険料 1年につき£150 (約20,000円)
£89 (約12,000円)
特徴・日本で申請しなければいけない
・週20時間まで働くことができる
・留学先からのCAS Numberが必要
・延長可能
・働くことはできない
・留学先からのCAS Numberは不要だが
 Offer letterが必要
・延長不可能

※1. 費用については突然変わることがあるので、各自でのご確認をお願いします。

Tier4の申請方法は?

オンライン申請を済ませ、ビザセンターを予約し書類提出、その後郵送またはビザセンターでの受け取りとなります。

ここからは私が実際に取得したTier 4ビザの申請方法をご紹介します😄

※2019年9月の申請手順となっています。

下記リンクから、申請ができます。

General student visa (Tier 4)
Apply for a General student visa (Tier 4) to study in the UK if you're 16 or over - eligibility, extend or switch your visa, how much it costs and how long it t...

では写真とともに申請手順を確認していきます💪

   

1.ビザタイプの選択

Tier 4 (General) student visaを選択  

   

2. BPP(指紋)採取の場所選択

Japanを選択。

3. メールアドレスの登録

     

4. 電話番号の登録

+81 の国際電話番号を記入。携帯の場合は先頭の0を取る(例:090始まりの場合は90から)

イギリス国内で使うか、国外でも使うかを選択。

携帯で登録する方が多いと思うので、Mobileを選択。

電話での連絡方法を選択。電話のみ、SMSのみ、どちらも拒否の場合は理由を書きます。

5. CAS Numberを記入

6. 名前、性別、住所、パスポート番号の入力

住所に関してですが、日本とは逆の順で入力します。

番地、地名、市町村名、県名、最後に郵便番号となります。

7. Identity Cardの所持を選択

免許証はこれに含ませないので、Noを選択

8. 国籍、生年月日の選択

Country of BirthにはJapan

Place of Birthには都道府県名を入力

9. 言語選択

Otherを選択してJapaneseと書きたいところですが、Englishを選択するのが無難だと思います。

10. 以前にTier 4 (Child)を申請していたかを選択

11. 留学先が英語条件(English Assessment)を示しているか選択

留学であれば、基本的にこれは必要になります。

CAS Statementにも用件が書かれているので、有効なものを用意する必要があります。

    

12. 申請者が誰かを金銭的にサポートしているかを選択

学生であれば誰かを養ってはいないと思うので、Noを選択

    

13. 家族情報の入力

両親の情報とイギリスに家族がいるかを答えます。

   

14. 旅行情報の入力

団体で行くのか、一緒に行く人はいるかを記入します。

   

15. イギリスでの滞在先情報の入力

滞在先が決まっている場合は、その住所を記入。

決まっていない場合は、予定を記入。University Accommodation等で大丈夫だと思います。

   

16. 過去の旅行情報の記入

いままでどこに旅行したかを記入していきます。
1つずつしかできないので大変ですが、根気強く記入します。

   

17. 犯罪歴やテロに関わったかなど選択

ここの欄は基本的にNoにならないとまずいです(^0^;)

今までイギリスに移住する際にビザが断られたかどうか等問われます。
犯罪歴、逮捕歴を聞かれます。
戦争に関わったことがあるかどうか問われます。
テロに関わったことがあるかどうか問われます。
過激派組織に関わったことがあるかどうか問われます。
イギリスに危険が及ぶような行為をしたことがあるかどうか問われます。

Employment History(雇用履歴)を選択します。

    

18. 留学先の情報を入力

     

19. 留学機関の選択

Schoolは高校など18歳までの人が通う場所、Higher Education Institution (HEI)は大学など18歳以上の人が通う場所と定義づけられています。

   

20. UCASについて

UCASを通じての申請だったかを聞かれます。学部の1年程度の留学だったら、UCASを通してではないのでNoを選択します。

    

21. ATASの申請

主に化学系の方に必要だと思います。研究していることが、留学先で悪意に利用しないことを証明します。必要であれば、大学から証明書があると思います。文系の場合はNoで大丈夫です。

    

22. お金のこと

留学用の奨学金をもらう場合は、その受給予定証明書を発行してもらうのが手早いです。ただ日本の場合、イギリス政府も経済的に安全と見なしているので、この証明はなくても大丈夫でした。

   

23. コース情報の入力

QualificationについてはIELTSの結果にCEFRがどれくらいか載っているのでそれを参考に選択します。

イギリスにはStudent Unionがあるので、最後はYesを選択します。

次に進むと、コースの開始日と終了日を記入します。

  

24. お金のこと part 2

寮費、学費の支払い方法、学生ローン(いわゆる貸与型の奨学金)を借りているかを答えます。また、留学機関をカバーできるだけのお金があるかも答えます。

  ロンドン ロンドン郊外
1ヶ月あたり £1265 (約17万円) £1015 (約13.5万円)

※ 1ヶ月あたりの費用×滞在月数のお金があること

あとは、パスポート書類が必要と言われ、誓約の流れになります。

その後、オンラインでのお支払いをします。

⚠︎このとき優先サービスを利用する場合はチェックしてください!
別途30,000円ほどかかりますが、確実に早くビザが下ります。
私は9月11日午前中にビザセンターに行き、9月17日には受け取ることができました😊

    

ビザセンターに持って行くべき書類は?

ビザセンターに持って持って行くべき書類はたったの2つ!!それも留学先からのCAS Statementにはっきりと書いてあります!

私は英語の証明所写し大学の成績書原本が必要でした。
こちらはアップロードも必要なので、忘れずにアップロードしてください。(私はよくわからず、ビザセンターでアップロードをお願いし1,600円別途かかりました、、、)

資金証明に関してですが、日本は経済力のある国と見なされているため、書類を提出しなくても大丈夫なようです。
こちらに載っている大学では、資金証明がなくてもビザ申請が通ります。

   

この後、ビザセンターの予約、保険の支払いがあるので、もうひと頑張りです👍

    

まとめ

イギリスビザ申請の方法をまとめました。

オンライン申請を間違うと、ビザが下りない場合もあるので、確認しながら進めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました